Requires a javascript capable browser.

超地元密着型求人サイト

富山のお仕事探しサイト ジョブざんまい富山

www.job-zanmai.com

広告掲載基準
1.基本方針
  • 株式会社ミューテーション(以下 当社)は、当社が運営する地元密着型求人サイト「ジョブざんまい富山」(以下 当サイト)におけるインターネット・モバイル上の求職情報(以下 求人情報)の掲載に置いて、その可否の決定は以下の基準及び当社の権限において行うものとします。なお、その可否に関わる問題について、求人情報を掲載する者(以下 広告主)に対して、当社は一切責任を負いません。
  • 広告主もしくは広告主より求人情報を委託された者はその掲載にあたって、当社が定める次の基準があることを承認し、これを順守しなければなりません。また、求人情報の内容に関する責任は広告主に帰属するものとします。
  • 求人情報は、労働基準法、職業安定法、男女雇用機会均等法などの諸法規を遵守するほか、応募する側に分かりやすい表現で掲載してください。また、求人情報でトラブルやクレームが発生した場合、当事者間で解決をしていただき、当社は一切責任を負いません。この場合、相応のクレームが発生したことがあり、再度発生の恐れのある時は、求人情報を掲載しないものとします。
2.表示項目について
  1. 求職者・応募者に対する収入、処遇等の労働条件および自社の経営実績等について、事実に基づかない誇大・虚偽の説明を表記した求人広告を掲載してはならない。
  2. 求人広告の表示は、社会通念上、一般の誰でも理解できるよう、平易な表現を用いることに努めなければならない。
  3. 職種名等の表示にあたっては、求職者・応募者の誤解、錯誤を招き易い類似用語、カタカナ名等を濫用してはならない。
  4. 特別な事情でこれらの表現が必要な場合には、その内容が具体的に理解できるようにしなければならない。
  5. 労働者派遣事業の派遣労働者、有料職業紹介事業の求職者または業務委託の受託者の募集の場合は、それが「通常の雇用関係となる求人広告」と誤解、混同されるような表示をしてはならない。
3.掲載できない表現について
次に掲げるものその他の公の秩序又は善良な風俗を害し又は害するおそれのあるもの
  • 暴力、とばく、覚せい剤等規制薬物の乱用、売春等の行為を推奨し、又は肯定・美化した表現
  • 醜悪、残虐、猟奇的である等公衆に不快感を与えるおそれのある表現
  • 性に関する表現で、露骨、わいせつな表現
  • 水着姿及び裸体姿等で広告内容と無関係で必然性のない表現
  • 犯罪を誘発する表現
  • その他社会的秩序を乱すおそれのある表現
4.掲載できない求人情報について
  • 現在又は前身が、暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に規定する暴力団、これに類する組織に属する団体又はそれらに関係すると認められる者
  • インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律(平成15年法律第83号)第2条に該当する者
  • 貸金業の規制等に関する法律(昭和58年法律第32号)第2条に規定する貸金業者
  • 民事再生法(平成11年法律第225号)第2条第4号又は会社更生法(平成14年法律第154号)第2条第1項に規定する再生手続又は更正手続を開始している事業者
  • 満15歳未満の者(満15歳に達した日以後の最初の3月31日が終了しない者)の募集
    ただし、行政機関の許可を受けた就学時間外における満13歳以上の軽易労働は募集できます。また、満13歳未満であっても映画、演劇などの出演に関するものは掲載できますが、その場合は保護者の同意が必要の旨を表示してください
    【労働基準法第56条(最低年齢)】
  • 会社説明会、採用試験、そのほかの理由で応募者から費用を徴収するもの
    【職業安定法第39条(報酬受領の禁止)】
  • 労働者派遣で適用除外業務を募集するもの
    【労働者派遣法第4条(業務の範囲)】
  • 労働争議中の企業の募集
  • 商品や材料・器具を売りつけたり、資金集めを目的とするもの
  • 取締役募集など、出資金を必要とするもの
    【出資法第1条(出資金の受入の制限)】
  • 運送事業に使用するため、自家用車の持ち込みを条件とするもの
    ただし、国土交通大臣の許可または届け出があれば掲載できる場合があります
    【道路運送法第81条第1項(使用の制限及び禁止)】
  • 障がいを具体的に表す言葉や用語そのものが不快感を与えるおそれがあるもの
    適性・能力などの合理的採用基準に基づかず就職差別につながる表現のもの。本人に責任のない事項(本籍、出生地、家庭環境など)や本来自由であるべき事項(信教、政治、思想、労働組合など社会運動など)を採用の条件として記載することはできません
    【職業安定法第3条(均等待遇)】
  • 自衛官の募集
  • 求縁や売春の勧誘、あっせんを目的とする疑いのあるもの
    【売春防止法第6条(周旋等)】
  • 異性の客に接する役務などの性風俗にかかわる職種の募集
  • 刑法など法規に触れるおそれのあるもの
  • 男女差をつけた募集
    • 女性(もしくは男性)であることを理由に、募集の対象から排除することはできません。性別で応募を排除をしないことが明示された上で、「男性向き」「女性向き」「男性歓迎」「女性歓迎」「男性が活躍中」「女性が活躍中」などの表現を行うことはできます。
    • 女性または男性の募集人数を別に設定することはできません。
    • 性別による年齢、婚姻、通勤状況など応募条件の差を設けることはできません。
    • 同一職種の求人に対し、性別による異なる採用試験の実施することはできません。
    • 巫女、警備員など、あるいはモデルなど芸術・芸能の分野で表現上男女差が必要である職業は対象となりません。
    【労働基準法第4条(男女同一賃金の原則)、男女雇用均等法第5条(性別を理由とする差別の禁止)、「募集および採用並びに配置、昇進及び教育訓練について、事業主が適切に対処するための指針」(厚生労働省)】
  • 理由が明示されない上での年齢制限された募集
    求人募集にあたり年齢を制限することは禁止されています。ただし、厚生労働省が定める例外は除外対象となります。この場合でも制限を設ける理由を求人情報内に明示する必要があります。
    【雇用対策法第7条(事業主の責務)】
  • その他当社が不適当と認める業種及び事業者
img1.png ゲストさん
お気に入りボックス
こちらの機能を利用するには
ログインしてください
最近見た企業
こちらの機能を利用するには
ログインしてください